幸福達成シール

これまでは、「相対比較感」が主であったマンション価値にも、今後は「管理力」という、東京賃貸マンションが持つ「絶対的な価値」が重要視されることとなります。このことは、市場価値の差のみにとどまらず、そのマンションを買って暮らしていることそのものの安心感や満足感、納得感にも、もちろん影響します。きちんと管理されて適切なメンテナンスが行われ、住人同士のコミュニティーが円滑に運営されているマンションが、下北沢賃貸住んでいて快適なのは言うまでもありません。マンションを購入することで、あなたやあなたのご家族が達成したいことは何でしょう。マンションを購入することで、あなたはどのような暮らしを営みたいのでしょうか。それらがあらかじめ、できるだけ具体的なイメージになっていることがとても大切です。「マンション聯入にあたって、どれほど納得感があるのか」ということが、代々木上原賃貸に入居後の幸福感に大きく影響するからです。少し硬い物言いとなってしまっていますが、マンション購入をあなたやあなたのご家族にとっての幸福達成シールとして活用するためには、「あなたやあなたのご家族の、人生哲学がどのようなものであるか」ということが問われることになるのです。

引っ越しが早く終わった

ホテルを出て近所の不動産屋に朝9時半に鍵を取りに行き、家の近くまで来たら祐天寺賃貸引っ越し屋のトラックがもう来てた(笑) 10時から12時の間って言われてたので10時までで良いと思っていたのに、前の三軒茶屋賃貸の引っ越しが早く終わったのだろうかたらーっ(汗) そして20分余りで搬入は終わりました(^^; 大物家電とか無いから早いのねきっと。 これから荷解きの嵐です。

結婚について思うこと

"最近思うことは、「恋愛結婚は、日本人には向いてない」ということだ。 1970年代くらいから恋愛結婚時代に入っていった。それまでは、お見合い結婚で家と家が結婚するという形だった。 実際、今の形を見てどうだろう? 恋愛と結婚は、別物と考える日本人が多い中、やはり、お見合い的な結婚が多いのではないか。お互いが惚れて結婚しましたという形は、巷では少ないようだ。 と言っても、僕の周りは、男に限っては恋愛して結婚している。女性に関しては、現実的で、経済力を非常に重視しているようだ。家族をお金で守れるか、それが大事。人によっては実家を不動産売却してそれを元手に結婚生活を送るケースもあるとか。 片想いでも恋をして、男が女性に声をかけて、告白をして、付き合う。1970年代から今にかけて、それが当たり前になるかと思いきや、それを通り越して、経済的な結婚が多くなり、男は経済力に自信がないので、自らはアプローチしない。故に女性が告白するように仕向けたり、プロポーズするように仕向ける。 そのような原因があるのに、日本人男性は、一方的に草食男子と名付けられてしまったようだ。一応、責任を考えて、リスク管理をした上での草食男子なのだ。根拠のない自信でもいいから、勢いでもいいから、ガツっと!告白してよ!と女性は思うだろう。しかし、そこは日本男児。真面目なので、なかなか嘘はつけない。 そして、現実、女性は、男に最低限の経済力を求める。また、男も自分の手で、好きな人を不幸にはしたくないし、ひもじい思いもして欲しくないだろう。 そのような流れで、恋愛もお付き合いも結婚も連鎖的に非常に難しい状態になっているのだろう。 日本の恋愛事情は、難しい。 実生活では、青少年も結婚適齢期の青年も時間的にも心にも余裕がなく、人への思いやりや愛情を自然な形で与える事もまた難しいのだろう。前途多難だ。"

PICK UP


MENU

幸福達成シール不動産に関する興味自分は分かりませんどう応えているかある種の興奮状態
Copy Right(C)2011 悪意に満ちた欠陥マンション All rights reserved.
Design by テンプレート工房TAKE